SL北びわこ号回送(木ノ本→米原)

運転日には米原→木ノ本を1号、3号と2本が運転されるSL北びわこ号。
木ノ本→米原に2号、4号は運転されない。
北びわこ号の後をEF65が走行して、木ノ本駅で連結作業が行われる。
回送列車の発車までには時間がある。
[広告] VPS

停車中に回転する12系の方向幕には国鉄時代に運転された急行の行き先と思われる各地の駅名が出る。
回転させるのは車掌のサービスだったのだろうか?
古き良き国鉄時代の全国ネットワークを活かした列車の運行体系をうかがうことができる。
方向幕は残っていても、今では表示される駅まで運行されることがないのはさびしい。
[広告] VPS

数本の上下の列車をやり過ごしてからの発車となる。
脇役のEF65も回送となると12系、C56を従えて走るも、汽笛は蒸気機関車の方が迫力がある。
スポンサーサイト

SL運転記念お弁当

今年は機関車の返却回送していないSL北びわこ号。
ひさびさに乗りに行った、大回り乗車で。
あいにくの雨模様、大津駅から新快速に乗って米原駅に着いた。
まだ、SL北びわこ1号は入線してきていなかったので、トイレに行ってからホームの井筒屋の売店にて駅弁を購入。
すぐに列車が入線してきそうな雰囲気だったので、あわてて代金を払って弁当を受け取る。
[広告] VPS

時間がギリギリになってしまったので、いい位置では撮影できなかった(汗)
入線時刻が近いと駅弁を買うタイミングも難しい。

SLに乗るとはいうけど、厳密にはSLにけん引された12系客車に乗っているのだ。
いまどき珍しい直角イス。
車内では弁当を食べるには時間も短い気がしたので、木ノ本駅の待合室で食べることにした。
EF65にけん引されて米原へ引き上げていく北びわこ号を見送ってから、ホームの待合室で駅弁を食べつつ次の列車を待つ。
大回り乗車なので、改札の外へは出れないのだが、改札の外にあるトイレだけは行かせてもらえた(笑)
IMGP6075_R2017.jpg
SL運転日に限定販売されるSL運転記念お弁当(1100円)。
米原駅構内で営業している井筒屋さんのお弁当。
パッケージにはC56の写真が載っている。
D51に機関車が変われば、パッケージも変わってしまうのだろうか。
IMGP6076_R2017.jpg
竹の皮でできた容器はこだわりを感じる。
こんな弁当箱の弁当を食べたことはないが、懐かしさを感じる人も多いだろう。
IMGP6080_R2017.jpg
内容は少し豪華な幕の内弁当といったところ。
ご飯は近江米、赤こんにゃくも入っており滋賀県らしさを出している。
少量ながらもおかずの種類も多く、いろんな味を楽しめるようになっている。
海老は皮がむかれた状態なので食べやすかった。
やはり、列車に乗るときはコンビニ弁当よりも駅弁がいい。
この弁当なら待合室で食べるよりも列車の中で食べる方が良かったか。

エルネスト

エルネストというタイトルをみて、エルネスト・チェ・ゲバラの映画だと思ったら、やはりそうだった。
ゲバラといえば、ファミコンのゲームでその名を知った。
最初はゲリラをもじったゲームかと思ったが、オープニング画像に「チェ・ゲバラに捧ぐ」というコメントが入っていたように思う。
よく映画の題材にもなる人物ではあるが、この作品の主役はゲバラとともに闘った日系ボリビア人のフレディ前村が主人公。

日本・キューバの合作で監督は阪本順治。
キューバ使節団として訪れたゲバラが広島を訪れるシーンから始まる。
大阪から夜行列車に乗って広島に向かったというエピソードが映像化されていた。旧型客車のボックスシートに座って西へと向かうシーンはこんなことがホントにあったのではないかと思えるが、実際には飛行機で移動していたとの説もある。この行動の真偽はともかく、広島に足を運んだときの様子は写真などにも残されている。
映画の主人公となるのは日系ボリビア人のフレディ前村でオダギリジョーが演じる。
フレディはボリビアから医学の留学生としてハバナ大学に入学、在学中にはキューバ危機に巻き込まれたりする。
母国のボリビアで軍事クーデターが起きたため、帰国して反政府運動へと身を投じることを決める。
キューバの革命支援隊に加わり、ゲバラから「エルネスト」という呼び名を与えられる。
そして、同志たちとボリビアでゲリラ戦を展開するも、ゲリラ隊は分断され悲惨な結末を迎える。

地味な映画だが、実話をもとにしており、スペイン語のセリフだけだったオダギリジョーの演技もよかった。
☆4つ

第7回 大津百町まちなかバル&マルシェ

今年で7回目の開催を迎えた大津百町まちなかバル&マルシェ
昨年は滋賀地酒の祭典と開催が重なってしまったので行くことができなかったが、今年は9月30日に開催された。出店は飲食のバルが70店、物品販売のマルシェが70店と過去最多の参加店数だった。
バルマップを片手に行きたい店を探す、なるべく行ったことのない店を選びたいところだ。

まず、1店め!
と、その前にバルの菱屋町商店街のまちなか交流館で開催されていた酔って亭に立ち寄る。
ここは、マルシェで買った品を食べることができる休憩スポットの役割を果たしており、小川酒店さんのプロデュースにより日本酒が1杯(60ml)200円で販売されていた。
DSC_1373.jpg
まずは神開で喉をうるおし、これからのバル巡りに備える(笑)
グラスは受け皿の上に置かれて、こぼれるようにお酒を注いでくれるので、お得感があった。

試運転を終えて、まず向かったのが大津駅から坂を下ったところにある中央団地の1階にあるインド料理店のナマステタージマハル。かつては、はやしという店があったところだが、店が変わってから初登場となる店。
DSC_1377.jpg
バターキチンカレー&チーズナン(1/4サイズ)にタンドリーチキンなどがセットになっておりドリンクはグラスワインをチョイスした。
グラスワインは量が多い。銘柄はわからないが、クセがなく呑みやすい。
カレーはマイルドな味付け、チーズナンをカレーに着けるとチーズの味が強いような気がした。カレーを食べるときはノーマルのナンの方が良いと思う。

DSC_1386.jpg
続いてはマルシェに参加している中安酒店。地元の酒屋さんで昨夏より店内に立飲みコーナーが出来て、安く呑めると人気上昇中の店。
今回のマルシェでは純米酒の4合瓶がチケット1枚という破格な安さ。少し遅れて行ったので、レアなお酒は売切れだったので笑四季の純米酒をゲットした。

ここまで回って、昼の部はいったん終了。
帰宅してDAZNでJリーグ、広島VS札幌を観戦。
ともに残留争いをしているので、勝ち点3が欲しい展開。
札幌としては前節の新潟も引き分けだったので、今度こそ勝ち点3が欲しかったのだが、結果は1-1のドロー。
ともに勝ち点1をゲットして、順位は変わらず、残留に向けて少し前進できたのか。

引き分けというすっきりしない結果から、夜の部スタート。

行ったことのない店に行こうと選んだのはFou rSeventh
DSC_1390.jpg
路地の奥にあり入りにくい雰囲気(笑)
手前で引き返している人もいたが、俺は中に入る。
DSC_1389.jpg
マスターは前田俊介に似た雰囲気の人だった。
サッポロビールの小瓶とタマゴサンドのセット。
コロナかサッポロが選べるのだが、もちろん男は黙ってサッポロ!
バルメニューということでボリュウム感はないが、程よい分量。
黒ラベルの小瓶を出している店は少ないのだとか。
大津市内ではサッポロを呑める貴重な店かもしれないが、マスターのこだわりがうれしい。

続いては、誰がカバやねんロックンロールショーのメンバーが営むどないや
メニューはマスターが釣り上げた鯛茶漬けとドリンク。
洒落かと思ったら、本当にマスターが鯛を釣り上げてきたのだとか。
DSC_1392.jpg
お茶漬けをサラサラと流し込むと店内のステージでライヴが始まった。
IMGP4959.jpg
滋賀・京都で活動中のMisuzuさんのライヴ、Namelessというバンドとのコラボもあり、盛り上がりをみせた。

で、チケットは1枚あまった。
どこにしようかと迷ったが、どないやのほど近くにあるみふくに行くことにした。
このブログでもたびたび取り上げている店だが、浜大津界隈ではお気に入りの店で、今回はバル限定メニューの丸鶏醤油ラーメンとグラスビール。
DSC_1399.jpg
見本のトッピングと違うとのことだったが、選んで損をしない店だった。

そして、夜の街をフラフラ。
いつもは人が少ないが、バルということでいつもより多くの人がマップ片手に散策していた。
新しい店ばかり回ることはできなかったが、お得感は味わえた。
そういえば、過去にチケットを3セット買って回った人もいると聞いた(笑)

ひろしまシティ電車

国鉄末期の1982年のダイヤ改正で登場したひろしまシティ電車
東京・大阪の都市圏では電車の運転間隔が短かったものの、地方都市圏では列車の運転本数も少なく時刻もバラバラだったのだが、それを改善するために各地にシティ電車と呼ばれる列車が登場した。列車を短編成化して等間隔のパターンダイヤが組まれて、乗客に対しての利便性を狙った試みは広島ー大野浦・岩国で行われた。
img617_R2017.jpg
とはいえ、財政状況の悪かった国鉄では新車を投入できずに115系を2ドア化、座席を転換クロスシートに改造した115系3000番台が登場した。車体カラーも湘南カラーから様変わりして、限られた予算の中での努力をみることができる。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

斧だ!広尾

Author:斧だ!広尾
わんばんこ。
主に旅系のネタが多いのですが、脈絡もなく幅広い内容を綴っていきたいと思います。毎日の更新を目指していましたが、週に3回くらいは更新したいと思っております。
なお、画像・文章の無断転載・無断引用などお断りしておりますので、ご了承願います。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内旅行
389位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR